美容・ファッション・ダイエットなど、トレンドに敏感な女子のための情報を配信中♪

とれがる~TREGIRL~

ガールズトーク

アイコス互換機イーフォスefosの味や機能などの使い心地をレビュー!

更新日:

最近、Youtuberにも紹介されている
アイコスの互換機のイーフォス(efos)ですが、
アイコスとどのように違うのか
気になる人も多いですよね。

そこで、今回の記事では、
アイコス互換機イーフォス(efos)の機能や、
味や吸い心地などを実際にレビューしてみたいと思います。

アイコス互換機イーフォスの機能とは?

アイコスの互換機である
イーフォス(efos)」は、
アイコス本体が無くても、
アイコスのタバコスティックを吸うことが出来る
いわば、アイコスの代替品です。

>>イーフォス(efos)の公式ページはこちら

イーフォス(efos)では、
ヒートスティックというものがなく、

そのまま本体にタバコスティックを刺して
タバコを吸う一体型なので、
慣れていないと違和感を感じるかと思います。

吸い方としてはグロー(glo)と似ていますが、
グローと比較すると、一回りサイズは大きいです。

※形が丸いので、女性人気は高いかと思います。

 

イーフォス(efos E1)の商品詳細

イーフォス(efos E1)の商品詳細は以下の通りです。

各種項目 仕様
本体価格  8,980円(税込)
保障期間 商品到着後3か月以内
(初期不良のみ交換)
※破損などは対象外
E1 本体サイズ  103mm×47.5mm×24mm
バッテリー容量  2000mAh
作動電圧  3.7V
耐久温度  -15℃~50℃
余熱時間  35-40秒
充電電流&時間  5V1A(110-115分) 5V 2A (70-75分)
モード  低温モード(初期設定)&高温モード
※切り替え可能
カラー ブラックorホワイト 

>>イーフォス(efos)の公式ページはこちら

タバコスティックを差し込むときは要注意!

実は、私もイーフォスを使い始めたときに
やってしまったのですが、

アイコスに慣れている人の場合、
タバコスティックを線のあたりまで
差し込んでしまうのですが、

イーフォスではタバコスティックの線より
1cmくらい下のあたりまでしか入りません。

この部分が、少し心もとない感じがしますが、
吸っている間は特に落ちる事もないので
慣れてしまえば、アイコスのように
吸う前に折ってしまう事がなく
快適に感じるかと思います。

イーフォス(efos)の付属セット内容

イーフォス(efos)を購入すると、
このような箱で届くのですが、

中を開けると、このように
イーフォス(efos)を使うための
付属品が一緒に入っています。

<中に入っている付属品>

  • イーフォス(efos)E1本体
  • 充電用のUSBケーブル
  • 収納ポーチ
  • 取扱い説明書
  • 保証書

パソコンなどで充電する人にとっては
特に問題ないのですが、
変換アダプターが無いため、
家のコンセントからは充電が出来ないんですよね。

もし、家庭用のコンセントで充電したい場合は
アイコス用の変換アダプターを使用しておけば
故障することも無いかと思います。

 

 

イーフォス(efos)はアイコスには無い機能が搭載されている!

実は、イーフォス(efos)
アイコスの互換機ではあるものの、
アイコスには搭載されていなかった機能が
いくつか搭載されているんです!

ここでは、その違いについてご紹介します。

連続使用が可能!吸引時間も長くなっている!

イーフォスの最大の特徴が、
タバコスティックを連続で
5本まで使用することが出来るという点です。

今までアイコスを複数台持ち歩いていた人は
イーフォス1つを持ち歩けば良くなるので
荷物がかさばらないのが嬉しいですよね。

※サイズもアイコスより一回り小さいんです♪

さらに嬉しいのが、従来型のアイコスは
フル充電でも14~16回ほどしか
吸引できないのですが

イーフォスの場合は、
吸引回数が20回と長いこと。

誰かと話しながらアイコスを吸っていると、
あっという間に1本吸い終わってしまいますが、
アイコスよりも吸引できる回数が多いので
物足りなさを感じることが少ないです。

 

タバコの味に変化が!2種類のモード切替機能付き!

さらに、低温モードと高温モードがあるため、
パンチの効いた吸い心地を堪能したい人は
高熱モードにすることで
よりタバコの刺激を味わうことが出来ます。

・・・とはいえ、通常の低温モードでも
アイコスで吸っているときよりも
かなりパンチが効いているので、

相当ヘビースモーカーじゃないと
高温モードは使用しないんじゃないかと思います。

私もアイコスのヘビーユーザーなので、
アイコスを使用していたときは、
連続で吸う事がよくありましたが、

イーフォスの場合は、
パンチが効いているため
連続で吸うことが殆どなくなりました。

そういった意味では、
節約にもなりタバコの本数も減るので
アイコスよりは健康的なんじゃないかと思いました。

 

イーフォスはアイコスと味が違う?

イーフォスを使って一番最初に感じたのが、
特に『味の違い』でした。

どのような味の違いがあるのかというと、
アイコスは掃除の具合にも寄りますが、
普通のタバコより強く吸引しないと
味があまりしませんよね。

ですが、イーフォスで同じように吸うと、
確実にムセます・・・。

普通のタバコと同じような軽い吸い心地でも
舌がピリリとするような味がして、
よりタバコに近い感じがするのです。

その理由は、イーフォスでは
独自開発した『3D加熱システム』という
360°から加熱をする方式を採用しているため、

タバコスティック全体を均等に
効率よく加熱しているからなんですね。

アイコスの場合、ヒートスティック内の
ブレードにタバコスティックを
差し込んで中心部から加熱する方式でしたが、
イーフォスにはブレードがありません。

 

実際に吸った後の吸い殻を見ても
その違いはハッキリ分かり、
全体的に加熱していることが分かります。

ですので、アイコスでガンガン吸っていた人は
イーフォスに切り替えると、
若干ヤニくらのような状態になるため、
最初からガンガン吸わない方が良いかと思います。

 

アイコスよりも掃除がラクちん♪

アイコスの最大のイラっとポイントが、
やたら掃除がしにくいうえに、
カスがこびりつくという点なんですが、

イーフォスはブレードに差し込まないので、
カスが出にくいんです!

20~40本ごとに掃除をしないといけませんが、
綿棒でくるっと内側をふき取るだけでOK!

中のブレードを傷つけたり壊す心配もないので、
アイコスよりも掃除がしやすいのは
物凄く嬉しい点ですね。

ただし、
液体で掃除するのはNG!!

機器に水分が入ってしまうと
故障してしまう可能性があるので
ここだけは注意しましょう。

>>イーフォス(efos)の公式ページはこちら

イーフォス(efos)の使い方で注意する点

ここまでザっとイーフォス(efos)
機能面などを説明してきましたが、
イーフォスを実際に使ってみると、
若干不便な点もあったりします。

そこで、使い方を説明しながら
注意点について説明したいと思います。

イーフォス(efos)の実際の使い方

①充電されていることを確認する

まずはイーフォス(efos)本体が
十分に充電されていることを確認します。

充電がされている状態で、
ボタンをカチカチと押すと
イーフォス側面にある青いランプが点灯します。

充電の量が少なくなると、
青いランプの点灯数が少なくなります。

②スティックホルダーのスライドボタンを開く。

こちらは特に難しいことはありません。
親指で抑えながらスライドさせるだけで
カチカチと開きます。

③タバコスティックをセットする

先ほども書きましたが、
タバコスティックの線よりも
1cm程度下のあたりまでしか入らないので
無理やりグッと押し込むのはやめましょう。

※タバコスティックが折れます。

④電源ボタンを1.5秒以内に連続3回押す。

長押しではなく、
連続で3回カチカチカチっと押すことで
ブブーと本体が振動して電源が入ります。

ただし、まだ加熱がスタートした状態なので
すぐには吸うことが出来ません。
(緑ランプが点滅している状態です。)

アイコスの場合も待ち時間がありますが、
このあたりはイーフォスの方が
待たされる時間が長く感じるかと思います。

⑤約30秒後に余熱完了の振動があり、吸引できる状態に。

余熱が完了すると、ブブーと短い振動で
余熱が完了したことを知らせてくれます。

緑のランプが点滅ではなく点灯していれば、
吸引することが可能です。

⑥吸引後はタバコスティックを取り出してスライドボタンを閉じる

吸い終わった吸い殻は、
さっと取り出して捨てるだけでOK!

連続で吸いたい場合は、
再度タバコスティックを差し込んで
加熱をスタートすれば余熱完了後に
吸引することが出来ます。

ただし、最大5回までのルールを守らないと
本体が高温になりすぎて故障する可能性があるそうです。

5回も連続で吸引することは少ないかと思いますが、
故障しないように注意しましょう。

⑦パワーオンの状態で電源ボタンを3秒長押しするとモードが切り替わる

最後に、高温モードを楽しみたい場合は、
余熱が完了したパワーオンの状態で
電源ボタンを3秒以上長押しすると
赤ランプが点灯し高温モードになります。

イーフォス本体が暖かくなるので、
高温モードで連続5回吸引するのは
故障しやすくなるかと思うので
避けておいた方が無難でしょう。

イーフォスの保証期間は要注意!

イーフォスには『3か月保障』がありますが、
実はコレ、購入してから3か月以内の
初期不良に対してのみ有効なんですよね。

つまり、落として破損したものや
メンテナンス時に水に濡らして
壊れてしまったものは対象外となります。

ですが、このような互換機の
保障期間はだいたい1~2か月で
設定されているものが多いので、

普通に使用していて壊れた場合は
3か月保障を使って交換してもらいましょう。

>>イーフォス(efos)の公式ページはこちら

 

イーフォス(efos)のメリットとデメリット

イーフォスの機能を見て頂くと分かるように
アイコスとは機能面に違いがあるのですが、
分かりやすくメリットとデメリットを並べてみました。

イーフォス(efos)のメリット

  • アイコスのスティックがそのまま使える
  • 5本連続で吸引でき、吸引回数も20回と多い
  • アイコスよりも味が濃く、よりタバコに近い
  • 低温モードと高温モードの切り替えがある
  • 一体型なのでスティックの紛失が無い
  • 蓋がスライド式だから破損しにくい
  • 3D加熱システムだからゴミが出にくく掃除がしやすい
  • 複数台持ち歩く必要が無く、コンパクト設計
  • 丸みを帯びたデザインが可愛く持ちやすい
  • パンチが効いた味なので本数が節約できる
  • 他のアイコス互換機よりも保障期間が長い

 

イーフォス(efos)のデメリット

  • アイコスとは味が変わってしまう
  • ACアダプターが付いていない
  • 互換機の割にやや高額
  • 販売されて間もないのでアクセサリーが少ない

 

イーフォス(efos)
贔屓にしているワケではありませんが
メリットとデメリットを並べてみると、
どうしてもメリットの方が多くなってしまいました。

実際に使ってみると分かるのですが、
味やモードなども違ったり、
分離型と一体型といった違いもあるため、
同じタバコスティックを使っていながらも
アイコスとは別物といった印象を受けるかと思います。

まとめ

アイコスの互換機は様々ありますが、
機能面や味などの違いがあるため、
純粋にアイコスの味を楽しみたい人にとっては
イーフォス(efos)は別物だと
思っていた方が良いでしょう。

ですが、アイコスとはまた違った
タバコの味を楽しみたい人にとっては
タバコの種類を変えずに楽しめるので、
面白いなと感じました。

また、アイコスで
ヘビースモーカーになっている人は、
イーフォスのパンチの効いた味わいが
タバコの本数を減らすきっかけにも
なりそうだなと感じました。

イーフォス(efos)はYoutuberの方たちも
動画でレビューしており、
現在品薄になりつつあるので、
もしかすると、アイコス本体よりも
人気が高まって手に入らない状態に
なるかもしれません。

イーフォスが気になる方は、
早めに手に入れておくことを
オススメします。

>>イーフォス(efos)の公式サイトはこちら

 

-ガールズトーク

Copyright© とれがる~TREGIRL~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.