1. TOP
  2. 健康
  3. 水木しげるさんや今井洋介さんを襲った心筋梗塞の予防対策と食事とは?

水木しげるさんや今井洋介さんを襲った心筋梗塞の予防対策と食事とは?

 2015/11/30 健康 この記事は約 3 分で読めます。 688 Views

本日、「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者である

水木しげるさんが心筋梗塞のためお亡くなりになったそうです。

 

先日もテラスハウスに出演していた、今井洋介さんが

31歳という若い年齢ながらも、心筋梗塞でお亡くなりになったので、

今や心筋梗塞は年齢関係なく、誰でも襲ってくる病気なんですよね。

 

心筋梗塞にならないための予防対策や食事は

どんなものが良いのでしょうか?


スポンサードリンク

水木しげるさんや今井洋介さんを襲った心筋梗塞とは?

水木しげるさんや、今井洋介さんを襲った心筋梗塞とは、

心筋梗塞(しんきんこうそく、英: Myocardial Infarction)は、

虚血性心疾患のうちの一つ。

心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈血管に

閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、

心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。

通常は急性に起こる「急性心筋梗塞 (AMI) 」のことを指す。

引用:wikipedia

つまり、なんの前触れもなく、突然心筋が壊死してしまうんですね。

 

20~30代で突然死する原因の多くは、この心筋梗塞で、

2011年には元日本代表のサッカー選手である松田直樹さん(享年34)も

練習中に突然倒れて意識不明の状態になったのは心筋梗塞が原因でした。

 

心筋梗塞の予防する食事対策とは?

心筋梗塞は寒い時期になりやすいと言われていて、

主にカルシウムとマグネシウム不足が原因と言われているんです。

 

カルシウムが足りないことで、以下のようなことが起こりやすくなります。

  1. 骨から血液中にカルシウムが溶ける
  2. 血液中のカルシウムが血栓を作り動脈硬化を起こす
  3. 心筋のリズムが狂う。

 

また、マグネシウムが不足すると、血液中のカルシウム濃度が調節出来ず、

心筋梗塞が起こりやすくなると言われています。

 

つまり、「カルシウム」と「マグネシウム」をきちんと食事から摂ることで

心筋梗塞の予防対策にも繋がります。

 

スポンサードリンク

カルシウムとマグネシウムを同時に摂取できるのが、

「魚」で、特に、アジ、サバ、イワシ、サンマなどの青魚や、

マグロやサケなど。

 

カルシウムを手軽に摂取できるのが、牛乳と小魚ですね。

 

とは言っても、これらが苦手な方がいるのも事実。

そんな場合は、納豆や豆腐(豆腐)などの大豆食品や、

海藻類、切り干し大根、緑黄色野菜にも

カルシウムは含まれているので、

肉食がメインとなっている方は、週に2、3回は

栄養素を気にしながら食事をとるようにしましょう。

 

まとめ

「若いから大丈夫」

「自分には関係ない」

と思っていても、突然襲ってくるのが心筋梗塞の怖いところ。

 

普段の食生活に気を付けることで

心筋梗塞を予防することが可能になるので、

食生活が偏りがちな方は気を付けてみてください。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

とれがる~TREGIRL~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

とれがる~TREGIRL~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

関連記事

  • マイコプラズマ肺炎の症状は大人と子供で違う?感染の期間と経路は?

  • よもぎホットシートの効果を口コミから検証!冷え性は改善できる?

  • 巻き爪が原因でヒールが痛い!自力で治す矯正方法を教えて?

  • 手汗がやばい!手汗を止める方法に出会って救われた私の体験談

  • ナチュラルヘルシースタンダードで太った!?効果的に痩せる秘訣とは?

  • SexyZoneマリウス葉の使ってる美顔器やサプリメントは何?