人気上昇中!美容記事ランキング
  1. 二重の癖がつかない人必見!整形せずに蒙古ひだをなくす方法とは?
  2. ナイトアイボーテは奥二重や一重に効果あり?二重記念日より良いの?
  3. おでこニキビが薬で治らない人がやっている!急にできても安心な治し方
  4. こんなの欲しかった!眼窩脂肪を自力で除去できるスゴイ美顔器とは!?
  5. パーフェクトスタイラーの最安値は危険!?口コミの真実とは?

横浜開港祭2016 花火の穴場スポット!絶好ポジションはここだ!


横浜開港祭2016 花火の穴場スポット!絶好ポジションはここだ!
出典:http://nichiiro.com/

毎年初夏の6月に開催される「横浜開港祭」では、

夏の風物詩とも言える大量の花火を打ち上げることでも有名ですよね!

今回は、そんな横浜開港祭2016で見ることのできる

花火の穴場スポットと、花火の打ち上げ日程&時間を大公開します!

スポンサードリンク

横浜開港祭2016 花火の穴場スポットはどこ?

横浜開港祭2016で打ち上げる花火は、港の上で打ち上げられ、

今年はレーザー光線による演出も加わっているので、

昨年よりも更に豪華絢爛な花火を楽しむことが出来ます。

そんな横浜開港祭2016の花火を

「誰よりも絶景スポットで見たい!」

なんて、わがままな希望を叶えるべく、

場所取り時間別で穴場スポットを調査しました!

午前中から場所取り必須な穴場スポット

山下公園

横浜といえば中華街の次に有名な「山下公園」ですが、

こちらからも横浜開港祭2016の花火を見ることができます。

交通の便が良いこともあり、午前中から場所取りをする人が多く、

木が多いので、打ち上げ場所がきちんと見えるか確認する必要もあります。

住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279
地図

カップヌードルミュージアム:芝生エリア(海側)

こちらも花火の絶景スポットですが、午前中から来る人もいるので、

できればお昼までには場所取りをしておきたいところ。

場所さえ確保できれば、あとは花火の打ち上げまで

のんびりピクニック気分を味わえますよ♪

住所 〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2−3−4
地図

2時間前までのスポット

山下埠頭

普段は立ち入り禁止の「山下埠頭」では、横浜開港祭2016の

花火が打ち上げされる日だけ解放される穴場スポット!

海面に映る花火も楽しめるので、絶景なのは間違いありませんが、

横浜ツウの人には穴場スポットとしても有名なので、

最低でも2時間前までには場所取りが必須になります。

また、こちらは開催年によっても解放有無が変わるので、

事前の確認は必須です。

住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279−1
地図

直前でも空いてる穴場スポット

ぷかりさん橋

ぷかりさん橋では、横浜開港祭2016に合わせて

屋台が立ち並ぶ飲食スポット。

しかし、花火の開催時間になると、今まであった屋台テントが

一気に片づけられるので途端に花火の穴場スポットになるんです!!

つまり、横浜開港祭2016の食事も楽しめるうえに、

そのまま、この場所に居続けるだけで花火の絶景も楽しむことが出来ます。

タイミングを間違えると、テントが片づけられてなかったり、

既に花火の見物客でごった返すので、見張り続けるのが重要です。

住所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目
地図

スポンサードリンク

野毛山公園

「野毛山公園」は少し高い場所に位置しており、

花火を見るには最高の穴場スポット!

公園の遊具もあるので、子供連れの家族には人気の穴場スポットですね。

住所 〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町63−10
地図

掃部山公園(かもんやまこうえん)

地元の人しか知らない穴場スポットで、混雑しない点が良いのですが、

海面に上がる花火が見えないので、夜空に上がる花火のみ堪能できます。

ここは場所が入り組んでいるので、迷ってしまう恐れもあるため、

必ず事前にアクセス方法をチェックしておく必要があります。

住所 〒220-0044 神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘57
地図

カップルにおすすめな穴場スポット

大黒埠頭

サザンオールスターズの曲でも歌われている「大黒埠頭」は、

カップルに大人気な穴場スポット!

駅からは離れているので、車で行くカップルにおすすめですが、

花火だけでなく夜景も綺麗なのが、人気のポイント☆

ロマンチックな雰囲気で花火を堪能したい人には

ぜひ、おすすめな場所ですよ♪

住所 〒230-0054 神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭15
地図

横浜開港祭2016 花火を打ち上げる日程と時間は?

横浜開港祭2016の花火の日程は、以下のとおり。

開催日 2016年6月2日
打ち上げ時間 20:20~20:50

たった30分の間に、約6000発もの花火が打ち上げられるので、

その勢いは相当なものになりますよね。

こちらの動画から、横浜開港祭2014での花火の様子を見ることができます。

まとめ

横浜開港祭2016の花火大会は、横浜開港祭のフィナーレを飾る

人気の演目になるので、楽しみにしている人もたくさんいます。

今回紹介した穴場スポットで、豪華絢爛な

2016年初夏の花火を楽しんでみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

この記事を友達にシェアしよう!