人気上昇中!美容記事ランキング
  1. 二重の癖がつかない人必見!整形せずに蒙古ひだをなくす方法とは?
  2. ナイトアイボーテは奥二重や一重に効果あり?二重記念日より良いの?
  3. おでこニキビが薬で治らない人がやっている!急にできても安心な治し方
  4. こんなの欲しかった!眼窩脂肪を自力で除去できるスゴイ美顔器とは!?
  5. パーフェクトスタイラーの最安値は危険!?口コミの真実とは?

裸眼でも黒目を大きくする!カラコンなしでデカ目になるメイクとは?


裸眼でも黒目を大きくする!カラコンなしでデカ目になるメイクとは?

チワワのようにかわいい潤んだ瞳になれるカラコンが

女子の間で大人気となっていましたが、

カラコンは目のトラブルを引き起こす原因にもなるので、

最近は裸眼メイクが流行っていますよね。

カラコンに慣れてしまうと、自分の裸眼を見ると、

どうしても瞳が小さくなり、キツい印象に感じてしまうので、

裸眼になるのを悩んでいる女子もいるんです。

そこで、今回は、カラコンなしの裸眼でも、

黒目を大きくするデカ目メイクの方法を紹介します!

スポンサードリンク

カラコンから卒業!メイクだけで黒目を大きくすることはできるの?

今どきのカラコンは、瞳の大きさよりも一回りも二回りも大きいものが多く、

つけるだけでグンと可愛らしい印象を与えることができるんですよね。

しかし、カラコンは装用時間がだいたい6時間程度。

この時間を守らないと、瞳に酸素がいかず、

だんだんと黒目に酸素を補給しようと、白目が血走り、

この状態がひどくなると、黒目が白くなってきて、失明する危険性もあるんです!

白目に出来てしまった血柱は一生治ることがなく、

赤みはひいても薄茶色になってきたりと、

どんどん目がよどんでしまうというから怖いですよね。

そんな症状の女子が増えてきたこともあり、最近では

裸眼メイクをする子も多くなっています。

だけど、もともと瞳が大きい子ならまだしも、

黒目のサイズが小さい子の場合、カラコンをしないと

爬虫類のようにキツイ印象になってしまう場合もあるから、

裸眼になるのを恐れていることも多いんですよね。

しかし、どんなに黒目が小さい人でも、

メイクの力を借りれば、バッチリ黒目を大きく見せることは可能!

目を悪くしてしまうカラコンから卒業できます♪

スポンサードリンク

裸眼でも黒目を大きくするデカ目メイクとは?

裸眼の場合、カラコンをつけた状態よりも瞳の大きさが小さいので、

がっつり囲みアイラインをすると、白目の部分が際立ってしまい、

さらに瞳が小さく見えてしまうんです。

しかし、アイラインをまつ毛の隙間を埋めるように細く引くだけで、

メイクをしていることさえ分からないナチュラルなデカ目にすることができます。

裸眼でも黒目を大きくする!カラコンなしでデカ目になるメイクとは?
出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/439005/16/

しかし、これだけでは、まだまだカラコン着用時のときの

デカ目には程遠いので、さらに涙袋を際立たせましょう!

裸眼でも黒目を大きくする!カラコンなしでデカ目になるメイクとは?涙袋
出典:http://www.biranger.jp/archives/82653

涙袋を作る方法は、ニコっと笑顔を作ったときに

目の下に出来る皺に沿って、茶色のアイラインを描きます。

このときは、濃さなど気にせず普通のラインとして描きましょう。

このままでは不自然なので、綿棒で引いたラインをぼかしましょう。

そして、作った涙袋全体に、パールホワイトかパールピンクの

アイシャドウを塗り、黒目の下にはさらに色味が濃くなるようにしましょう。

※ホワイトベースのシャドウを塗りすぎると、魚の目のようになってしまうので、

濃くなってしまったらぼかしてください。

これで一気に黒目も大きく見えますが、さらに際立たせるポイントが、

茶色いシャドウです!

裸眼でも黒目を大きくする!カラコンなしでデカ目になるメイクとは?茶色シャドウ
出典:http://www.biteki.com/article/2013/04/02/79438/

アイホール全体と、目元にはパールベージュかゴールド系のシャドウを乗せ、

目に近づくほど、濃い茶色のシャドウを入れていきます。

このようなメイクをすることで、小さかった黒目も大きくすることができ、

くっきりとしたデカ目メイクが完成します♪

まとめ

カラコンは一時的におしゃれをする分には良いですが、

毎日装用するとトラブルの元になるので、できるだけ裸眼でいたいですよね。

デカ目メイクをすることで、カラコンをせずともデカ目になることができるので、

カラコンから卒業したい方は、ぜひ一度お試しください。


スポンサードリンク

この記事を友達にシェアしよう!