人気上昇中!美容記事ランキング
  1. 二重の癖がつかない人必見!整形せずに蒙古ひだをなくす方法とは?
  2. ナイトアイボーテは奥二重や一重に効果あり?二重記念日より良いの?
  3. おでこニキビが薬で治らない人がやっている!急にできても安心な治し方
  4. こんなの欲しかった!眼窩脂肪を自力で除去できるスゴイ美顔器とは!?
  5. パーフェクトスタイラーの最安値は危険!?口コミの真実とは?

ひな祭りに男の子がやることは?お祝いの食べ物の由来とは?


ひな祭りに男の子がやることは?お祝いの食べ物の由来とは?

ひな祭りは女の子の節句ということもあり、

女の子がいる家庭では雛人形を飾りますが、

男の子しかいない家庭でやることはないの?

なんて疑問が沸いた経験がある方もいますよね。

ひな祭りは男の子に無縁だと思っている方も多いんですが、

実は男の子もお祝いをしていい日なんです!

今回は、ひな祭りに男の子がやることと、

ひな祭りのお祝いの食べ物の意味について紹介します。

スポンサードリンク

ひな祭りに男の子がお祝いするのはおかしいの?

現在では、ひな祭りは女の子の節句と言われていますが、

もともとは男女関係なく、お祝いされていた行事。

中部地方では、今でも男の子の家庭には男雛を贈る風習があるため、

ひな祭りには男の子もお祝いをしていたりしますね。

古く昔の平安時代には、雛人形は子供の厄除けの身代わりとしており、

この時代には人形を川に流して、不幸を取り払うという意味があったことから

現在でも【流し雛】などを行う地域もあったりします。

つまり、ひな祭りは、子供の健康や平和を願うためのお祭りだったんですね。

しかし、時を経て、雛人形で遊んだり、安産を祈願したりなど、

風習が移り変わり、次第に女の子の節句になっていったので、

ひな祭りに男の子がお祝いしても良い日なんです♪

ひな祭りにやることって何?お祝いの食べ物の意味とは?

ひな祭りの行事じたいは誰もが知っていますが、

具体的にやることは、

  • 当日までに雛人形を飾る
  • 雛あられを食べる
  • ひし餅を食べる
  • 甘酒を飲む
  • ハマグリのお吸い物を食べる

このようなものがありますね。

ひな人形はいつごろに飾って、いつ片づける?

雛人形は2月4日ごろ(立春)から飾るのが一般的とされていて、

片づける時期は地域によって異なり、

当日や翌日に片づけるところもあれば、

3月いっぱいは飾る地域もあるようです。

スポンサードリンク

ひし餅や雛あられを食べる意味は?

ひな祭りって本当は何のためにするの?ひし餅を食べる意味

ひし餅は三色のひし形のかわいらしいお餅ですが、

ひな祭りに食べない人もいるんですよね。

しかし、ひし餅は雛まつりの縁起物で、

  • 緑(健康)
  • 白(清浄)
  • 桃(魔除け)

という意味が込められ、子供の健康や幸せを願っているんです。

そして、ひな祭りに「ひなあられ」を食べる理由は、

昔は、子供が雛人形と一緒にお出かけをする行事があり、

そこでひし餅を砕いて、おやつ代わりとして食べていたので、

もともと、「ひなあられ」は「ひし餅」だったんです♪

今は「ひし餅」を砕いて食べるよりも、

買ってきた「ひなあられ」を食べたほうが手間もかかりませんが、

昔ながらの習わし通りに「ひし餅」を食べてみると

意外とおいしかったりしますよ♪

子供なのになぜ甘酒を飲んで大丈夫なの?

ひな祭りって本当は何のためにするの?子供が甘酒を飲んで大丈夫?

子供なのに、お酒を飲むなんて健康に悪いんじゃないの?

と、一度は思ったことがありますよね。

昔は健康長寿を願って、100を意味する桃のお酒

「ももとせ(桃花酒)」が飲まれていましたが、

色が似ている「白酒」になっていきました。

が!!!

白酒はもち米やみりんを熟成されたお酒が入っており、

アルコール度数も10%近くあるんです。

さすがにこれを子供に飲ませるのは健康上危ないということで、

よく似た「甘酒」を飲むようになりました。

ただ、「甘酒」の中には、酒粕から作られたものと、

米麹で作られたものの2種類が存在するんです。

子供と同じく、妊婦さんもお酒は厳禁ですから、

必ず「米麹」から作られた「甘酒」を飲むようにしましょう!

ハマグリを食べる意味は何?

昔むかし、貝は「女の子」を意味しており、

「ハマグリ」はぴたりと貝殻が揃っていることや、

3月の時期に旬を迎え、おいしくなることから

「女性の美や幸せ」を意味していました。

これらの理由から、【夫婦円満】の象徴にもなり、

結婚式の縁起料理になったり、嫁に行くときには、

「貝桶」と呼び、嫁入り道具の一つにもなっていたんです。

今ではとても信じられない話なんですが、

「貝桶」には1日1個と計算し、1年分もの「ハマグリ」が入っているんですって。

さすがに今の時代に、「ハマグリ」を360個ももらったら

食べきれないどころか腐らせてしまうので勘弁願いたいところですが、

これらの理由から、ひな祭りに「ハマグリ」を食べるようになったんだとか。

まとめ

ひな祭りは、男の子でも女の子でも、一緒に楽しめる、子供のためのお祭りです。

ひな祭りのお祝いに食べる食べ物の意味には

子供が末永く健康に、そして幸せになれるように願いを込めたお祝いなので、

ぜひ、3月3日は家族で仲良くお祝いをしてみてくださいね!


スポンサードリンク

この記事を友達にシェアしよう!