人気上昇中!美容記事ランキング
  1. 二重の癖がつかない人必見!整形せずに蒙古ひだをなくす方法とは?
  2. ナイトアイボーテは奥二重や一重に効果あり?二重記念日より良いの?
  3. おでこニキビが薬で治らない人がやっている!急にできても安心な治し方
  4. こんなの欲しかった!眼窩脂肪を自力で除去できるスゴイ美顔器とは!?
  5. パーフェクトスタイラーの最安値は危険!?口コミの真実とは?

今さら聞けない!子供の日って何する日?女の子は関係ないの?


今さら聞けない!子供の日って何する日?女の子は関係ないの?
出典:http://image.rakuten.co.jp/

5月5日が子供の日だという事はみなさんご存じですよね。
しかし、子供の日には一体何をすれば良いのか分からない人もいるんじゃないでしょうか?

3月3日にはひな祭りで女の子のお祝いをするから、5月5日は男の子だけのお祝いをするのかな?

とも思いますよね。
女の子の家庭では5月5日はお祝いしませんとも聞きませんし、本当に男の子だけのお祭りなのでしょうか?

スポンサードリンク

子供の日って男の子のお祭りなの?

子供の日は男の子のお祭りだと思っていましたが、実は江戸時代以前は宮中行事や厄払い行事だったそうです。
とはいえ、江戸時代から続くお祭りなんですね。

しかし、昭和23年に男の子のお祭りから

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

と国民の休日に定められてからは男女関係ないんですって!

という事は女の子の家庭でもお祝いはする行事なんですね。
でも、鯉のぼりや五月人形は男の子のイメージがありますよね。

そちらについても調べてみました!

鯉のぼりの由来は?

江戸時代に立身出世のシンボルとして鯉の滝登りを幟にしていたようで
昔は乳幼児の死亡率が高いことから子供が健康に育ちますようにとの気持ちが込められてるんだそうです。

鯉のぼりは子供全般のためにあるんですね。
鯉のぼりが空に泳ぐのを見ると気持ちが良いですし、良い由来ですよね。

スポンサードリンク

五月人形

五月人形は鎧や兜、金太郎なんかがありますよね。
こちらはどう見ても男の子向けに作られているように思っていましたが、調べてみると
人形が人の厄を受けてくれるという信仰の意味があるようです。

また、たくましい男の子へと成長しますようにとの意味もあるんですって。

だから強そうな兜や鎧だったんですね。

では、そんな子供の日には一体何をするのでしょうか?

こどもの日って何をする日?

子供の日にはひな祭りほどお祝いをしていた印象はありませんが
柏餅を食べたり、菖蒲湯に入ったりしますよね。

菖蒲湯には武士が強くなる事を「菖蒲」と言っていた総なんですね。
そこから時代とともに「尚武」となり「勝負」へと言葉が変わっていったそう。

つまり菖蒲湯には男の子に強くなっていってほしいという気持ちがあるんだそうです。

また、柏餅は新しい芽が出ないと古い葉が落ちないそうで、これを親子関係に例えて

「柏の葉」=「子孫繁栄」

と考えられていたようですね。

子供の日の由来を調べてみると、子供だけでなく、親子の絆や思いやりの気持ちが込められた行事なんだという事が分かりますね。

そんな由来を知ったなら子供の日は家族で仲良く過ごす日なのかな?と思えますよね。

まとめ

子供の日についてはいかがでしたでしょうか?
男の子のお祭りかと思いきや、実は男女関係なく子供の成長を祝うお祭りだったんですね。

また、子供を思う親の気持ちが凄く込められた行事だと知る事で、5月5日を迎える日の気持ちもなんだか感慨深くなりますよね。

5月5日の子供の日には、是非家族揃ってお祝いしてくださいね。

スポンサードリンク

この記事を友達にシェアしよう!