人気上昇中!美容記事ランキング
  1. 二重の癖がつかない人必見!整形せずに蒙古ひだをなくす方法とは?
  2. ナイトアイボーテは奥二重や一重に効果あり?二重記念日より良いの?
  3. おでこニキビが薬で治らない人がやっている!急にできても安心な治し方
  4. こんなの欲しかった!眼窩脂肪を自力で除去できるスゴイ美顔器とは!?
  5. パーフェクトスタイラーの最安値は危険!?口コミの真実とは?

乾燥肌と脂性肌の見分け方!インナードライとの違いや改善策は何!?


N112_hooduewotukujyosei500

お出掛け前にお化粧をしても、時間とともにだんだんと化粧崩れが気になってきますよね。
顔のテカリが原因で化粧崩れが起こりやすくなりますが、顔がテカリやすいのは体質だと思っていませんか?

乾燥肌用と脂性肌用とに分かれているタイプの化粧品はあるものの
自分は一体どちらのタイプなのか、根本の原因を知らない方って実は結構多いんです。

では、自分はどちらのタイプなのかを知る為の乾燥肌と脂性肌の見分け方を紹介します。

スポンサードリンク

乾燥肌と脂性肌の見分け方

乾燥肌と脂性肌の見分け方って凄く奥が深いんです。
顔がカサカサしているから乾燥肌、顔のテカリがひどいから脂性肌だと思っている人も多く
間違ったタイプの化粧品を使用する事で肌トラブルを引き起こしやすくなります

見分け方としては

「乾燥肌」・・・肌の水分量が30%以下の状態となりカサカサしている肌

「脂性肌」・・・顔の油分が過剰分泌してしまっている肌

となりますが、実は乾燥肌も脂性肌の両方に属する人もたくさんいるってご存知でしたでしょうか?

乾燥肌とは、水分もしくは油分(両方の場合もあり)が不足してしまっているわけですが
脂性肌は顔に足りない水分を補おうとして油分を分泌していることが主な原因となっています。
つまり、「脂性肌=乾燥肌」とも言えるんですよね。

両方を兼ね備えてしまっている肌を「インナードライ(肌の内部が乾燥してしまっている)」と呼びますが
脂性肌とインナードライの違いを良く知らないと、肌トラブルに悩まされることになります。

脂性肌とインナードライの違いとは?

乾燥肌は肌がカサカサの状態になるので分かり易いのですが
脂性肌には「真の脂性肌」と「インナードライな脂性肌」の2種類があります。

この2種類の違いは肌が乾燥しているか否かというで分かれているのですが
どちらも顔に油分が分泌されてしまうため、違いが分からないですよね。

自分がインナードライなのかを見分ける簡単な方法としては
洗顔後、化粧水などを何もつけずに15分ほど待ってみて顔にテカリやつっぱりが出る状態ならインナードライの可能性が高いです。

肌が乾燥している為、肌の保護機能が働き油分を分泌している状態となるのです。
女性の80%以上はインナードライの方が多く、この原因を取り除かないとテカリやシミができてしまうんですね。

スポンサードリンク

脂性肌、乾燥肌、インナードライの改善策を教えて

では、それぞれの肌タイプ別に改善策を紹介します。

乾燥肌&インナードライの改善策

乾燥は水分が足りない状態ですので、水分を補う必要があります。
クレンジングはオイルタイプですと皮脂まで取り除いてしまうため、できればミルクorクリームタイプのクレンジングが理想です。

お風呂で洗顔をする方もいますが、洗顔時の水温はぬるま湯(30~32度)で洗うようにしましょう。
水温が高すぎると、皮脂や水分まで落ちてしまうためシワや毛穴の開きの原因になります。

洗顔後はたっぷりと化粧水をつけて肌に浸透させるのですが、化粧水の量の目安としては試供品としてもらう量の2~3倍を肌に浸透させましょう。

勿体ないと少ない量で使用していると乾燥肌は改善されず、肌トラブルが起きてしまいますので、化粧水の量はたっぷりと使ってください。

それでも乾燥肌が改善されないようでしたら、顔パックやコットンにローションを含ませたローションパックをしてみましょう。
時間をかけすぎると逆に水分を吸い取られてしまうので、最大10分までとしましょう。

脂性肌の改善策

乾燥が原因でない脂性肌の場合は、遺伝やストレスが原因だったりもします。

「遺伝だからどうする事もできない」

と諦める前に、身体にストレスが掛かっていないかを考えてみましょう。
イライラする事があったり、ストレスが多く掛かると人間の身体は皮脂を分泌するようになります。

とはいえ、ストレスが皆無の人なんてほとんど居ないのも現状なので
疲れているなと思ったら適度に身体を休めるようにしましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?
乾燥肌と脂性肌の原因には肌の乾燥が大きく関わっている事がわかりましたね。

一気に改善する事は難しいですが、毎日の生活の中で改善出来る事も多いので少しずつ改善できるようにしていきたいですね。

スポンサードリンク

この記事を友達にシェアしよう!