人気上昇中!美容記事ランキング
  1. 二重の癖がつかない人必見!整形せずに蒙古ひだをなくす方法とは?
  2. ナイトアイボーテは奥二重や一重に効果あり?二重記念日より良いの?
  3. おでこニキビが薬で治らない人がやっている!急にできても安心な治し方
  4. こんなの欲しかった!眼窩脂肪を自力で除去できるスゴイ美顔器とは!?
  5. パーフェクトスタイラーの最安値は危険!?口コミの真実とは?

二重整形の傷跡って目立つ?自然に見える二重整形を教えて?


二重整形の傷跡って目立つ?自然に見える二重整形を教えて?
出典:http://dqaeric34olch.cloudfront.net/images/588480/blue-blue-eyes-girl-mascara-pretty-Favim.com-143436.jpg/normal?1414135785

アイメイクをするときに、自然な二重だとメイクの幅も広がりますよね。

日本人は男女ともに一重が8割で、二重が2割と言われているので、アイプチやアイテープなどで二重にしている女子も多そうですよね。

慣れてしまえば簡単になるとはいえ、毎日のメイク時に二重にする作業をするのは面倒なので、二重に整形をする人も増えています。

ただ、気軽に二重に整形するとはいえ、手術をするから傷跡が気になりますよね

今回はそんな二重手術後の傷跡について紹介します。

スポンサードリンク

二重手術後の傷跡って目立つの?

よく芸能人などは二重に整形した、していないなど騒がれる事がありますが、二重手術の傷跡があからさまに分かる方って殆どいませんよね。

芸能人の場合は、雑誌などでは画像の加工をしていたり、メイクもプロがしてくれているので目立たないからなのかな?

なんて思いますが、もし傷跡が目立たないのなら二重の整形をして、いつもの二重準備から逃れたい

なんて人もいると思います。

二重を実際にした人の体験談では

二重切開して2週間目の者です。
抜糸して3日(術後10日)くらいは腫れがあり冷やしてましたが、抜糸4日目(術後11日)からは特に冷やすことなく普通に過ごしてます。

それでも彼氏や、スッピンで家族や友達に会っても気づかれません。
内出血は目頭の方にまだ少し残ってますが、化粧で隠せるしスッピンでも何も言われないので特に気にならないです。

傷跡は目立ちません。瞼が覆いかぶさって隠れます。目を閉じても同様。
アイメイクをする時に瞼をあげて、やっと手術跡が見えるくらいです。
手術跡も「二重の線がくっきりしてるな~」くらいのものです。
引用:Yahoo!知恵袋

スポンサードリンク

術式によって傷跡の目立ちも変わる?

二重手術には術式があり、

まぶたの皮下を医療用の髪の毛より細い糸で数箇所止める事によって二重のラインを作る「埋没法」は、二重のラインを作るだけなのでメスを使用していません。

また、糸で止めている部分は瞼で皮の下で隠れているので、ほとんど分からなくなるんですね。

対して、メスでまぶたを切開し、余分な脂肪を取り除く事で二重を作る「切開法」では、まぶたを縫い合わせるため、どうしても傷跡が残ってしまいます。

術後も腫れがあるため、目立ちやすくなりますが、目の腫れが引けばメイクなどをすれば分かりにくくなります。

だいたい約6か月~1年もすれば傷跡が目立たなくなる人が殆どのようですね。

自然に見える二重整形はどれ?

目の形は人それぞれですし、なりたい二重のラインによっても好みが分かれてきますよね。

二重整形をしたことがはっきり分かってしまうのは、やっぱり恥ずかしいものですから、事前にクリニックでカウンセリングを受けることで自然な二重にする事ができます

カウンセリング時には、顔の写真を撮った上で、なりたい二重をした場合はどうなるのか?

などのシミュレーションを行ってくれるので、自分の顔に合った二重を見つける事ができます

カウンセリング自体は無料で行っているクリニックも多く、クリニックのホームページからカウンセリングの予約をする事ができます。

カウンセリングをすると絶対に手術をしなければいけないんじゃないか?

と不安になる方も多いですが、無理に手術を進めてくるクリニックはあまり良く無いので、二重手術をするクリニックは身長に選んだ方が良いです。

こちらのクリニックでしたら、芸能人やモデルの方もたくさん通っているクリニックなので、安心してカウンセリングで相談できますよ。




また、こちらのクリニックは、店舗が限られてしまいますがカウンセリングをしっかりやってくれる事でも有名です。



まとめ

二重整形の傷跡は術式によって傷跡の目立ちも変わってきます。

また、ちゃんとしたクリニックで手術をしないと、術後のトラブルを招いてしまう場合もありますので、自分に合ったクリニックをきちんと選びたいですね。

スポンサードリンク

この記事を友達にシェアしよう!